【最新版】東京福祉専門学校ってどう?評判や学費・口コミを調べました!

保育士専門学校

この記事では、都内で通うことが出来る保育士専門学校について、主に学費が安くて資格取得に強いおすすめな学校情報をまとめています。

まずは、通える範囲内にある学校の中から、学費の安い専門学校をさがしていくのがおすすめです!

学校選びに失敗しないためには?

失敗しない学校選びの為には、

①学校の就職・合格率を調べる

②資料を請求して見比べる

③学校説明会に行ってみる

という、3つの行動が大切です。

とにかく資格を取得するためには、合格率の高い学校を選ぶことが重要です。

また、通える範囲内か、学費も重要なポイントです。

まずは、住所を入力して、学校資料をまとめて取り寄せましょう▼

※コロナ禍で、オンラインの説明会や質問会を開催している学校も多いです。

1、 東京福祉専門学校の特徴とは?

東京福祉専門学校の特徴は、“充実した学費サポート!”
「学費で夢をあきらめようとしていませんか?」
ということで、東京福祉専門学校では一人ひとりに合わせた学費サポートが可能なことが特徴のひとつ。
「学校は行きたいけど、自分で働かなきゃ学費が稼げない、、、」
そんな方にオススメなのが“ワーク&スタディ制度・学費分納プラン”
昼間は保育施設で働き、夜は学校で保育について学ぶことができ、さらに学費の分割納入もできるプランとなっています。
働きながらも、現場で実践力や収入を得ながら、学校で知識を付けることが出来ます。
また、保育現場で5年間働けば貸付額160万円の返還を全額免除にしてくれる「保育士修学資金貸付制度」があります。
5年間働き続ければ実質学費の負担が、
こども保育科 昼間コースの学費 約230万円―160万円=約70万円
       夜間コースの学費 約220万円―160万円=約60万円
  となります。
学費の相談も充実しており、毎日相談会が開催。
また、時間が無い方はラインで相談をすることも可能。
一人ひとりに合わせた学費プランを提案してくれます。

2、 東京福祉専門学校のオープンキャンパスは?

オープンキャンパスって半日かかったり、行くのが大変だったり、今の時期は感染症が不安だったりしますよね。
そんな方でも安心!
1時間で学校の情報を知ることが出来る「ショートキャンパス」や、家でも学校説明や体験授業が受けられる「オンライン学校説明会」が開催。
また、普通のオープンキャンパス内容も充実しており、
子どもたちと実際に触れ合うことが出来る体験授業(オンラインでも可)
・初心者のためのピアノ体験
・個別相談会が開催されています。
保育士を目指すときに誰もがつまずくポイントである、ピアノの授業。
ここでは体験が出来るので、どのような授業ペースであるのか知ることが出来るのは良いポイント!
学校の雰囲気を知れることはもちろん、授業を体験することで授業内容やキャンパスライフをイメージしやすい内容となっています。

3、 東京福祉専門学校の学費は?

 〇こども保育科(2年制)

<昼間コース学費 2,309,000円 詳細>

入学手続き1(合格発表後15日以内)
学費
(1年間)
入学金(入学時のみ)
50,000円
授業料(1年間)
730,000円
実習費(1年間)
150,000円
入学手続き2 (3月中旬)
学費
100,000円
教育充実費
諸費用(1年間)
192,000円
初年度納入金額の目安
1,222,000円
卒業までの納入金額目安
2,309,000円

<夜間コース学費 2,207,000円 詳細>

入学手続き1(合格発表後15日以内)
学費
(1年間)
入学金(入学時のみ)
50,000円
授業料(1年間)
730,000円
実習費(1年間)
150,000円
入学手続き2 (3月中旬)
学費
100,000円
教育充実費
諸費用(1年間)
90,000円
初年度納入金額の目安
1,120,000円
卒業までの納入金額目安
2,207,000円
※2020年度の概算。金額については年度により、変更する可能性あり。
また、幼稚園教諭免許取得希望者は、近畿大学九州短期大学併修費用
として、1年次:約37万 2年次:23万を別途諸費用として徴収。

〇学費の内訳

・入学金・授業料・実習費・学費・教育充実費・諸費用

〇諸費用の内訳

・健康管理費(健康診断、傷害保険等)・教科書、教材費・資格検定費
・海外研修積立金(夜間コースは含まれない)
諸費用の健康管理費では、東京福祉専門学校専属の医療機関を受診した場合、健康保険の自己負担分は健康管理費から負担!
学費の相談は毎日行っているので、困ったときにはすぐに相談が出来ます!

4、 東京福祉専門学校の評判は?

 オープンキャンパスに行った方や、在校生や卒業生からも良い印象を受けています。
 学校の雰囲気や就職率も良く、評判の高い学校です。

5、 東京福祉専門学校の授業内容は?

保育の知識はもちろん、現場で実践力を身に付けられます。
毎週金曜日に行う「こども教室」では、実際に地域の子どもたちと触れ合い、授業で学んだプログラムを子どもたちの前で実践!
自分たちで考えて行事などの企画や運営をするため、企画力や基本的な保育の力を身に付けられることが出来ます。
また、校舎内に保育園が併設されており、授業や行事で関わることもあります。実際の保育園で働くイメージが持ちやすくなっています。
  学生の内から実践力や保育の現場で働くイメージを身に付けることで、本当の保育現場に出たときも、戸惑うことなく即戦力となり働くことが出来ます!

6、 東京福祉専門学校の口コミは?

・一人ひとり時間を作って相談に乗ってくれる。
(夜間コース在校生)
・事情があり働きながら通う人が多く、毎月分割で支払えて助かった。
(夜間コース卒業生)
・子どものために作った視聴覚教材をちゃんと保育の場で披露でき、
とても自分の引き出しが増えた。
(昼間コース卒業生)
・子どもととても近くで関われるので、授業で学んだことをすぐに実践でき、学びを深めることが出来る。
(昼間コース在校生)
・講師の先生も担任の先生もとっても親身になってくれる。
(昼間コース在校生)
※以上“みんなの専門学校情報”より
先生が親身になって相談に乗ってくれたり、実践的な力を身に付けられたりと言った口コミが多くありました。
夢を目指す学生にとって、サポート体制が十分整っています。
こども保育科の定員が、
・昼間コース 80人
・夜間コース 40人
と、少なめなので、先生方の指導が行き届きやすいようになっています。
また、定員が少なめということは、倍率も上がるため、試験を受けるためには早めの対策が必要となってきます。
AOや推薦、一般入試などがある中、自分に合った試験の受け方が出来るように、資料請求などで早めに行動し、他と差を付けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました