【最新版】看護師におすすめの転職サイト13選!選び方のポイントも解説!

看護師転職

転職サイト・エージェントを使いたいけれど「たくさんあって迷ってしまう」「どうやって選んだらいいの?」と、お悩みではないでしょうか。

こちらの記事では、そんな方のために、転職エージェントの「メリット・デメリット」「選び方」について解説します。

また、雇用形態別や目的ごとに、おすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。

転職エージェント14社のなかから、目的に合った転職サイト・エージェントを紹介していきます。

転職サイトには「求人情報サイト」と「転職エージェント」の2種類があります。

「情報求人サイト」とは、募集されている仕事を検索・応募できるサイトのことです。

求人情報の中から条件に合うものを絞り込み、転職者が自分で連絡をとって応募します。

一方「転職エージェント」は、転職したい人と人材を募集している企業とをマッチングしてくれるサービスです。

転職エージェントに登録すると、「キャリアカウンセラー」「コーディネーター」などと呼ばれるアドバイザーが、転職について相談に乗ってくれます。

職場の様子を詳しく知ることができたり、面接のコツや書類の書き方をアドバイスしてもらえるのが「転職エージャント」です。

「ひとりで転職活動をするのがちょっと不安」「プロにいろいろと相談したい」という人には、転職エージェントがおすすめです。

では、なぜ転職エージェントを利用することにメリットがあるのでしょうか?

転職エージェントを利用する5つのメリット

  1. 希望に合う求人を探してくれる
  2. 病院や施設の内部事情を知れる
  3. 面接の日程などを代行してくれる
  4. 条件を交渉してくれる
  5. 非公開求人を取り扱っている

自分一人で就職・転職活動を行うとどうしても、不安や悩みなどが残ったまま就職してしまい、失敗したという経験もある方もいると思います。

不安や悩みなどを打ち上げながら問題を解消しながら就職・転職活動ができることが転職サイトの強みです。

看護師向け転職サイト9社の特徴!目的別にお勧めを紹介!

転職エージェント 特徴
看護のお仕事
・求人情報に口コミを搭載

・派遣も求人も取り扱い

マイナビ看護師 ・底面での面談を重視

・病院以外の求人情報も豊富

ナースではたらこ

 

・対面での面談も可能

・働きたい病院への逆指名が可能

ナース人材バンク ・地域ごとの転職情報を紹介

・地域専任のキャリアパートナー

医療ワーカー

・対面での面談も可能

・応援看護師制度を導入

看護プロ ・関東と東海を中心にサポート

・土日祝日も電話対応可能

MC─ナースネット
・単発、派遣の求人も取り扱い

・対面での面談が必要

ナースパワー
・単発・派遣の求人も取り扱い

・応援ナース制度を導入

スマイルナース ・対面での面談も可能

・派遣の福利厚生制度が充実

この中でも、多くの人におすすめできるのが次の転職エージェントです。

まずは登録したい転職エージェント

看護のお仕事

・マイナビ看護師

この2つは大手の転職エージェントで、求人が豊富です。サポートも丁寧という特徴があります。

なので、「転職が初めて」という人にも向いています。

目的ごとのおすすめ転職サイト・エージェント

  • 派遣・単発・パートの雇用形態別
  • 病院以外の就職先を探している人
  • 働きたい病院が決まっている人
  • いつもと違う環境で働きたい人

派遣・単発・パートの雇用形態別

転職エージェント 特徴
スマイルナース 派遣スタッフの福利厚生が充実
看護のお仕事 介護施設の派遣求人が豊富

病院以外の就職先を探している人

転職エージェント 特徴
MC─ナースネット 訪問入浴、デイサービス、健診求人が豊富

働きたい病院が決まっている人

転職エージェント 特徴
マイナビ看護師 ・パート、アルバイトの求人が多い

・「産休・育休実績あり」「ブランク可」

看護のお仕事
・パート、アルバイトの求人が多い

・「託児所あり」の求人数が多い

いつもと違う環境で働きたい人

いつもと違う環境で働きたい人は、マイナビ看護師がおすすめです。

働きたい病院が決まっているなら「ナースではたらこ」

「働きたい病院がある」「気になる病院がある」という人には、ナースではたらこがおすすめです。

また、ナースではたらこには「逆指名」というシステムがあります。

求職者が「転職したい」と、思った病院や施設の求人状況を、キャリアアドバイザーが確認してくれます。

ちなみに、利用する転職エージェントは1つに絞る必要はありません。

各サイトに強みや弱みがあるからです。

転職エージェントを利用する際は、色々なサイトを見たり、実際に登録をしたりして、その中から2~3つに絞ることがおすすめです。

看護士専門の転職サイトで理想の職場を見つけよう

保育士の転職を目指すなら、保育士専門の転職サイトを活用するのがおすすめです。

自分で検索・応募までできる「情報サイト」

そしょて、業界に詳しいコーディネートに相談できる「転職エージェント」

両方を上手に活用しましょう。

また、転職サイトにもそれぞれ得意分野があります。

「未経験の求人に強い」「派遣の求人がある」など、自分の希望に合うエージェントを選ぶと、よりスムーズに転職活動が進みます。

自分らしい働き方、より良い職場と出会いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました