登録販売者とは?難しい?仕事内容や給料・資格取得について検証!

登録販売者

現在の日本では、将来性という観点で見ると「資格を取ること」「その資格を使う仕事」の将来性は他の仕事や職種に比べて、非常に高いと言えます。

特に女性に人気の仕事の1つが、登録販売者。転職を考えている人の中には、すでに転職準備として資格の取得に挑戦しようとしている人もいるのではないでしょうか。

私も10年間資格を活かして働いてきました。

資格を取って働くことのメリットについて紹介していきます。

資格を持つことによるメリットは?

  • 専門性を持って働くことが出来る
  • 不況、不景気に大変強い
  • 仕事に困ることがほとんどない
  • 結婚後ふたたび復職できる
  • 転勤や引っ越し後も全国各地で働くことが可能
  • 勉強したことを日常生活で活かすことが出来る・・etc

色々な要因を含めて考えても、資格の仕事は将来性があり、今から資格取得を目指すのはとても良い選択だと思います。

登録販売者の仕事はフルタイムのほか、パートやアルバイトでも働きやすく、既婚者や子持ちでも再就職しやすい職種として人気です。

もちろん、登録販売者の資格を取得すると、再就職や転職にも有利に働くでしょう。

こちらの記事では、登録販売者の給料や資格取得などについて詳しく検証していきます。

登録販売者とは?

 

登録販売者とは、調剤薬局やドラックストアで受付や会計を行う「調剤薬局」の仕事。

安定しているイメージもあり、人気の高い職業のひとつです。

登録販売者に対するニーズは増えていることや、専門的な仕事のひとつなので、結婚や出産などでブランクが空いても、復職しやすいというメリットがあります。

この記事では、登録販売者の仕事や、仕事内容、給料相場、求められるスキルなどを紹介していきます。

採用のポイントも解説していきますので、特に未経験からチャレンジしたい人は、ぜひ読んでみて下さい。

登録販売者の将来性は?

安定しているイメージがある医療事務系の職業。その中でも、登録販売者は特に人気の高い仕事のひとつです。

どうして人気のでしょう?

答えはメリットが大きいからです。

登録販売者のメリットはたくさんあります。

主なメリットは次の3つです。

登録販売者のメリット1.勤務地を選ばない

調剤薬局は日本全国どこにでもあります。高齢化社会の影響で、医療関係の仕事に携わる人のニーズは増加しており、調剤薬局の数も年々増えています。

最近はチェーン展開するドラックストアにも処方箋を受け付ける店が年々どうかしており、登録販売者のニーズも増加の一途をたどっています。

そのため、家族の都合などで引っ越しても、引っ越し先で働くお店を見つけやすいのが登録販売者のメリットのひとつです。

登録販売者のメリット2.ライフスタイルに合わせやすい

登録販売者の仕事は、正社員、パート、アルバイト、派遣社員など、さまざまな雇用形態で募集されています。

子育て中はパートで働く、あるいはアルバイトで働きながら、将来は正社員になるための資格取得を目指すなどの働き方も十分可能です。

結婚や出産といったライフイベントに合わせて勤務形態を変える人も多いのが、この仕事の特徴です。

登録販売者のメリット3.復職しやすい

登録販売者をはじめとする医療事務系の仕事は、事務職の中でも専門的な知識を必要とするため、一度退職しても復職がしやすいというメリットがあります。

特に、登録販売者では、調剤の補助など薬局ならではの仕事もこなす必要があるため、即戦力として活躍できる経験者が重宝されます。

登録販売者は、ブランクがあいても復帰がしやすい職業です。

登録販売者ってどんな職業?

登録販売者とは、医療事務の中でも調剤薬局における事務的な作業を担当する人のことです。

登録販売者の仕事は、勤務先によって多少ことなりますが、主に3つの仕事が共通しています。

調剤薬局事務が行う3つの仕事

1.受付・会計業務

2.レセプト作成

3.調剤補助

調剤薬局事務が行う仕事1 受付・会計業務

まずは、受付と会計の仕事です。

窓口やカウンターなどで、患者から処方箋、保険証、お薬手帳などを受け取ります。

また、会計作業も行います。

ただし、登録販売者のスタッフには、薬剤師資格が必要となるので、薬の説明業務は行いません。

その他、お薬手帳の発行や、お薬手帳に貼るシールの準備、お薬を入れるための袋の準備などが、登録販売者の仕事に含まれます。

登録販売者が行う仕事2 レセプト作成

レセプトとは、薬局や病院が健康保険組合に提出する「診療報酬明細書」のことです。

薬局では、処方箋から処方された薬と、それにかかる手数料を算定し、レセプトの作成・提出を行います。

これも登録販売者のメインになる仕事です。

レセプトの作成には専門的な知識が必要なため、未経験から登録販売者を目指す場合は、登録販売者に関する資格などを持っていると有利になります。

登録販売者が行う仕事3 調剤補助

実際に薬を調剤したり処方したりするのは、資格を持った薬剤師の仕事です。

登録販売者は、薬剤師の補助を行うことがあります。

補助というのは、薬剤師の監督下で薬にシロップを混ぜるなどの簡単な作業や、薬剤そのものの発注作業です。

あくまでも薬剤師資格が不要な範囲で、できる作業を行います。

登録販売者の給料は?

特定の仕事を目指すとなると、収入がどれくらいか気になるところです。

正社員の場合は月給20万円で募集をかけているところが多いです。

さらにこれに資格手当が加わる職場もあります。

アルバイト・パートの場合は時給1000円~2000円の間で募集しています。

もちろん職場によって給料は変わります。

派遣社員の場合

派遣社員の場合は時給900円~1700円での募集がほとんどです。

高級住宅街にある調剤薬局は、給料が高い傾向にあります。

登録販売者は未経験でも採用される!

登録販売者の仕事は専門性が高い為、経験者は優遇される傾向があります。

しかし、働く上で重要視されるポイントがいくつかあります。

働く上で重要視されるポイントがいくつかあります。

登録販売者に求められるコミュニケーション能力とは?

登録販売者として求められる能力とは、丁寧に感じの良い接客ができたり、混雑していてもスムーズに対応できる能力が必要です。

登録販売者の仕事はメリット大!未経験なら資格やスキルをアピール!

登録販売者とは、薬局やドラックストアでの事務作業や薬剤師の補助を担当する仕事です。

ブランクがあっても復職しやすいなど、メリットがあります。

勤務地の自由がきく為、特に生活に合わせて勤務形態を変える必要性の高い女性に人気の職業です。

登録販売者として働くのに、必須の資格はありません。

しかし、持っていれば専門知識があることを証明できるので、未経験からでも就職しやすくなります。

転職・就職活動では、コミュニケーション能力やパソコンスキルなど、登録販売者が事務職員に求めるスキルをしっかり把握し、採用担当者にアピールしていきましょう。

登録販売者とは?試験勉強が独学で進め難い5つの理由!

コメント

タイトルとURLをコピーしました