登録販売者とは?資格取得後の給料や試験・求人について詳しく調査していく!

登録販売者

現在の日本では、将来性という観点で見ると「資格を取ること」「その資格を使う仕事」の将来性は他の仕事や職種に比べて、非常に高いと言えます。

特に女性に人気の仕事の1つ、歯科助手。転職を考えている人の中には、すでに転職準備として資格の取得に挑戦しようとしている人もいるのではないでしょうか。

私も10年間資格を活かして働いてきました。

資格を取って働くことのメリットについて紹介していきます。

資格を持つことによるメリットは?

  • 専門性を持って働くことが出来る
  • 不況、不景気に大変強い
  • 仕事に困ることがほとんどない
  • 結婚後ふたたび復職できる
  • 転勤や引っ越し後も全国各地で働くことが可能
  • 勉強したことを日常生活で活かすことが出来る・・etc

色々な要因を含めて考えても、資格を活かして働く仕事は将来性があり、今から資格取得を目指すのはとても良い選択のひとつだと思います。

登録販売者の仕事はフルタイムのほか、パートやアルバイトでも働きやすく、既婚者や子持ちでも再就職しやすい職種として人気です。

もちろん、登録販売者の資格を取得すると、再就職や転職にも有利に働くでしょう。

ユーキャンは登録販売者講座を開講しており、通信教育で資格を取得することが可能です。

生涯学習という視点を重視して資格の取得をしたり、認定を受けたりするのを総合的にサポートしているユーキャンでは、登録販売者の資格を取得するため講座を開いています。

ユーキャンの講座にはどのような特徴があるのでしょうか?

こちらの記事では、ユーキャンの登録販売者講座について詳しく検証していきます。

2009年の薬事法改正によって誕生した新たな職種、登録販売者が話題になっています。

資格の取得者は2018年時点で約15万人と、その数を増やしています。

スーパーやドラッグストアなどでの求人が見込まれる登録販売者は、具体的にどのくらいのお給料をもらっているのでしょうか?

主に給料について、職場や働き方別にそれぞれ比較しながら解説します。

登録販売者の給料は?

では、登録販売者の給料を持っていると、どのくらいお給料に差が出るのでしょうか?

正社員の場合

一般的には、主な就職先であるスーパーやドラッグストアなどを例に上げますと、登録販売者の資格を持っていれば、資格手当として通常の基本給に平均5,000円程度が上乗せされます。

例えば大手ドラッグストアだと、正社員の初任給が約20~25万ですので、手当と合わせると年収でおよそ350~400万円くらいの相場となります。

どちらの場合でも無資格の場合に比べて、年間6万円程度のお給料の上乗せを見込めることが出来ます。

アルバイト・パートの場合

パートなどの非正規雇用の場合は、登録販売者の資格を持っていても、特に手当てがつかない場合が多いようです。

特にスーパーなど医薬品以外の商品の取り扱いが多いお店では、その傾向があります。

ただし、主にドラッグストア等、お店によっては資格を持っていると時給に100円程度上乗せされる場合もあります。

勤務時間にもよりますが、場合によっては正規社員の資格手当よりも上乗せ額が多くなる可能性もありますね。

いずれにせよ、登録販売者の資格を持っていると、無資格の場合に比べて僅かではありますがお給料アップを期待する事ができます。
資格を一度取得してしまえば、一生使うことが可能なので、例えば子育てが終わり、復職してから正社員として働くということも、資格を持っているメリットのひとつでしょう。

持っていれば確実にプラスになる、と言えるでしょう。

職場によってどれくらい年収の違いがある?

登録販売者の採用先として挙げられる代表的なお店が

・ドラッグストア

・スーパーマーケット

・コンビニエンスストア

この3つです。

では、この3つのお店で、年収に違いはあるのでしょうか。

ドラックストアの場合

登録販売者の求人数が最も多いドラッグストアの場合、正社員の初任給はおよそ20~25万円が相場とされています。

元々薬が主な販売品目であり、多くの人材を確保する必要があるためか、最低水準は比較的高めに設定されている場合が多く、入社直後からある程度の収入が見込めると言えるでしょう。

スーパーの場合

スーパーの場合、正社員の初任給はおよそ18万円ほどと、ドラッグストアに比べるとやや割安に設定されている場合がおおいようです。

ただし、店長など役職がついて役職手当が乗ると最大で月35万円ほどまでアップが見込めますので、将来的に管理職を目指すのであればより高収入の可能性も広がります。

コンビニの場合

コンビニの場合は、フランチャイズ店の正社員の場合で、初任給は15~20万円程度が相場となります。

コンビニは競争が激しいため、人件費も抑えられがちになってしまうようです。

ただし、フランチャイズのオーナーとして経営まで行った場合は、売り上げにもよりますが年収ベースで数倍の収入が得られる可能性もあります。

登録販売者と薬剤師の給料の違いは?

給料の差は?

上でも書いた通り、登録販売者の資格を持っていれば、資格手当として月5,000円が基本給にプラスされます。

それでは、薬剤師の資格を持っていた場合はどうなのでしょうか?

その場合、薬剤師手当として月あたり12万円が基本給に上乗せされます。

年間に換算すると登録販売者が6万円なのに対して、薬剤師は144万円とかなり大きな差がついています。

パートの場合でも、時給に倍以上の開きがあることはザラですので、差の大きさがわかるのではないでしょうか。

金額が違う理由

そもそもこの手当の格差は、両者の資格の性質の差でもあります。

登録販売者は薬店や薬売り場で扱う医薬品のうち、薬事法で2類と3類に指定されているものを扱う事ができる資格で、受験に特に資格はいらず、比較的手軽に取得する事ができる者です。

それに対して処方箋が必要なものを含む1類に指定された薬を扱う事の出来る薬剤師は、大学の薬学部を卒業した人たちだけが受験する事ができる「狭き門」です。

これらを考慮すると、両者の資格手当に明確な差が生じることは仕方ないことだと言えるでしょう。

登録販売者と薬剤師の違いは?4つの項目から分かりやすく比較

店長・正社員・パートの給料を比較

一般的な正社員非正規雇用であるパート従業員管理職である店長格の3つを比較してみましょう。

正社員の場合

正社員としてフルタイム働く場合、月給の平均はおよそ20~30万円くらいで、これに資格手当がプラスされる形になります。

それ以外の各種手当の額によって変動はしますが、基本的にはボーナスを含めて年収でおよそ400万円前後くらいが相場になります。

アルバイト・パートの場合

パート従業員の場合、就業時間は人によって異なりますので、時給でお給料が設定されます。

都道府県ごとの最低賃金によっても変わってきますが、スーパーやコンビニで時給800円前後、ドラッグストアで1,000円前後の場合が多いようです。

店長格や正社員と違って資格手当はつきませんが、登録販売者の資格を持っていると100円程度プラスされる場合もあります。

一例として1日4時間、週3日働いた場合で、年あたり約50万円ちょっとくらいの収入になります。

店長の場合

お店の責任者である店長格の場合、基本給に別途役職手当がプラスされるため、月給の平均は約30~35万円程度となります。

年収でおよそ500万円ほどが相場です。

ただし、コンビニの店長職の場合、それよりも相場が低くなる傾向にあるようです。

お店によっては、店長格への昇任に登録販売者の資格取得を必須条件としているところもあります。

店長格に資格の取得を求める規定を設けるお店は、増加傾向にあるようなので、店長格を目指すのであれば登録販売者の資格は取得しておいた方がいいでしょう。

登録販売者になる方法は?販売従事登録の申請方法と注意点をアドバイス

まずは資料請求から!

資格講座の資料を取り寄せてみませんか?

資格・通信講座のサイトから資料を取り寄せることが可能です。

実際に合うか合わないかを確認する方法として、それぞれの講座を資料請求して比較することをオススメしています。

ユーキャンの登録販売者講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました