薬剤師転職『お仕事ラボ』の口コミは?評判を調査!

コメディカル転職

いまの職場の人間関係がつらい。職場の待遇に不満がある。もっとスキルアップを目指したいと思っている。

1年後、今よりも充実した毎日を送れているかは、これからの自分の行動にかかっています。

インターネットの転職サイトは、今や転職活動には欠かせない便利ツールのひとつ。

転職活動の重要なポイントは、自分に合った転職サイトで仕事を探すことです。

薬剤師転職サイトの「お仕事ラボ」は、実際に入職し働いている薬剤師の意見を聞きながら、転職が出来る転職サイトです。

職場の人間関係で悩んでいる人、もっと充実した働き方を考えている人は、まず登録だけしないともったいない転職エージェントです。

こちらの記事では薬剤師転職サイト「お仕事ラボ」についてご紹介していきます。

お仕事ラボの評判は?

「お仕事ラボ」は、薬剤師を専門にサポートする転職エージェント。

調剤薬局チェーン「アイセイ薬局」の子会社が運営しています。

全国の求人を取り扱っているので、どの地方在住の人でも利用する価値アリですよ。

特徴的なのは、希望の求人がない場合、「お仕事ラボ」が自分を条件に合う職場に売り込んでくれること。

職場を逆指名したり、希望に沿う求人をオーダーメイド方式で探してもらったりすることが評判なのです。

職場の人間関係で悩んでいる人、もっと充実した働き方を考えている人は、まず登録だけしないともったいない転職エージェントです。

『お仕事ラボ』を薬剤師の転職に利用するメリット3つを紹介

「お仕事ラボ」は、北海道から沖縄まで、全国の各都道府県の求人を取り扱っています。

首都圏や大阪、愛知、福岡など、大都市のある都府県に多い傾向。しかし、その他の地域による偏りは、他の転職エージェントに比べて少なめです。

そのほか、「お仕事ラボ」には大きく次の3つの評判やメリットがあります。

1.マッチング重視で丁寧なヒアリング
2.希望求人がなくても逆指名できる
3.転職後もコンサルタントに相談OK

「お仕事ラボ」では、薬剤師1人ひとりの立場に立ってサポートすることを大切にしています。

求職者と転職先のマッチング精度を高めるため、希望条件などのヒアリングを丁寧に行っていると評判です。

「お仕事ラボ」公式サイトによると、転職後の定着率、利用の満足度はいずれも90%を超えています。

さらに、希望に合う求人がない場合は、薬局などを逆指名することも可能。指定がない場合は、希望に合う職場を探して交渉してもらうことも評判です。

また、専任のコンサルタントは、面接時のサポートなどを行うのはもちろん、転職してからも電話やメールで相談に乗ってくれます。

Q:「お仕事ラボ」には、どんな求人が多いんですか?

全体の約8割が調剤薬局(調剤専門)の求人ですよ。

調剤薬局の割合が多いのは薬剤師の転職エージェントに共通する特徴ですが、お仕事ラボはさらにその率が高めと評判です。

Q:求人数はどれくらいありますか?

公式サイトでは、公開求人の数は約29,000件ほどと記載されています。

ただし、求人の特徴があるので見て行きましょう。

『お仕事ラボ』の注意点2つ!利用する前におさえておこう

薬剤師の転職をサポートしてくれる「お仕事ラボ」ですが、知っておきたい注意点が2つあります。

「お仕事ラボ」の注意点
1.募集終了済やハローワークの求人も掲載あり
2.コンサルタントとの面談場所は東京本社のみ

『お仕事ラボ』の求人には、募集終了済やハローワークの求人も掲載されている

「お仕事ラボ」公式サイトを見ると、公開求人数として2万5千件近い数が記載されています(2020年3月現在、変動あり)。

しかし求人検索をしてみると、残念ながらすでに募集期間が終了している求人も表示されました。

筆者が検索してみた限り、「生きている」求人は1万3千件ほどだったのです。

Q:応募できない求人も掲載されてるってこと?

いちおう、「転職サポートお申し込み」のボタンから問い合わせは可能です。

また、記載内容からハローワークのものと思われる求人情報も数多くありました。

「お仕事ラボ」は、求職者からの逆指名やオーダーメイド方式の紹介が可能な転職エージェントです。

そのため、募集していた薬局や病院などに交渉してもらったり、ハローワークを通さずに交渉できる可能性はあります。

しかし、すでに人手が足りていたりすれば、交渉の余地はないかもしれません。

また、企業側にとってハローワークは無料で利用できるのに対し、「お仕事ラボ」を通して採用すれば料金の負担が発生します。

「お仕事ラボ」に限らず、直接応募ができないハローワークの求人を混載したり、募集が終了した求人の施設情報だけを載せたりしている転職サイト・エージェントはいくつかあります。

転職に必要なのは「自分に合う職場」ただ1つですよね。

転職サービスを利用するときは、求人数にあまり左右されないようにすることも大切なポイントです。

『お仕事ラボ』はヒアリング重視だが、直接面談できるのは東京のオフィスのみ

もう1つの注意点は、コンサルタントとの面談場所についてです。

コンサルタントと直接会って面談できるのは、東京丸の内にある「お仕事ラボ」運営会社のオフィスのみ。
東京のオフィスまで足を運べない人は、電話での相談となります。

前の章で、「お仕事ラボ」のメリットは「求職者へのヒアリングが丁寧でマッチングの精度が高められる」ことだと説明しました。それなのに、直接会って話ができる場所が1カ所にしかないのは残念ですね・・

電話だと表情がわからないので、面と向かって話すより伝わりにくいこともあります。コンサルタントにはできるだけ詳しく、正直にいろいろと相談してみてくださいね。

『お仕事ラボ』では派遣の仕事も紹介OK!そのメリットとは

「お仕事ラボ」では、正社員やパートの求人のほか、派遣や紹介予定派遣の仕事も取り扱っています。

『お仕事ラボ』で派遣の仕事に就くと、薬剤師賠償責任保険に無料で加入できるというメリットも。

薬剤師の業務には、薬の副作用や薬害など、人の命に関わる危険も伴いますよね。

万が一、調剤などによって重大事故が起きた際には、損害賠償の責任を負ってしまうおそれも。

賠償責任保険に入っていれば、その賠償金を保険でまかなえます。

Q:正社員で働くか派遣で働くか、迷っています。どっちがいいんでしょうか?

保険料は、派遣元である「お仕事ラボ」の運営会社が負担してくれます。

一般的な派遣社員のメリットは、比較的時給が高く、「残業なし」などの条件付きで働けること。

紹介予定派遣なら、まずは派遣として一定期間働き、この職場が合っていた場合は、正社員になることもできますよ。

「お仕事ラボ」の登録は無料?退会も出来る?

お仕事ラボ」の登録は無料です。

利用する際の費用は一切かかりません。

また、「ほかで転職が決まった」「使ってみてサービスの質が合わなかった・・」という場合は、もちろん登録の解除も可能です。

また転職エージェントは23つ併用するのがおすすめです。

複数利用には、求人の幅が広がる、相性のいい担当者と出会う可能性が上がるなどのメリットがあります。

お仕事ラボはどんな人に向いている?

薬剤師専門転職サイトの「お仕事ラボ」は、薬剤師として働いている方に向けられたサービスです。

サービス内容が手厚いため、転職初心者の方でも安心して利用できます。

また、コンサルタントは登録者の都合に合わせてくれるので、自分のペースで転職活動ができます。

全国的に業界最大級の求人数があり、大手の求人も地方の求人もチェックすることが可能です。

しかし、薬剤師専門の転職サイトなので、他の仕事を希望する方の利用は向いていません。

『お仕事ラボ』は薬剤師からの逆指名にも対応できる転職エージェント

「お仕事ラボ」は、全国の薬剤師の転職をサポートしてくれる転職エージェントです。

大切にしているのは、薬剤師の立場に立った丁寧なヒアリングで、マッチング精度を高めること。

希望の薬局などを逆指名して交渉してもらうことができたり、そこにない求人も希望に合わせて見つけてくれたりするのはうれしいですよね。

ただその特徴からか、公開されている求人にはすでに募集が終わっているものも。

また、コンサルタントと直接面談ができるのは東京のオフィスのみ。

地方在住者は電話やメールでの対応となってしまいます。

会わなくても希望が伝わるよう、できるだけ詳しく、正直に話してみてくださいね。

まとめ

「お仕事ラボ」は、自分ひとりで考え込まずに、コンサルタントと協力して、就職・転職活動を行っていく転職サイトといえます。

自分一人で就職・転職活動を行うとどうしても、不安や悩みなどが残ったまま就職してしまい、失敗しという経験もある方もいると思います。

コンサルタントに不安や悩みなどを打ち上げながら問題を解消しながら就職・転職活動ができると思いますので失敗することもないでしょう。

不安や悩みなどを打ち上げながら問題を解消しながら就職・転職活動ができることが転職サイトの強みです。

まずはサイトの比較から始め、転職活動に活かしてみては、いかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました