最新版!『マイナビ介護職』退会方法をどこよりも詳しく解説!

マイナビ介護職

いまの職場の人間関係がつらい。職場の待遇に不満がある。もっとスキルアップを目指したいと思っている。

1年後、今よりも充実した毎日を送れているかは、これからの自分の行動にかかっています。

インターネットの転職サイトは、今や転職活動には欠かせない便利ツールのひとつ。

転職活動の重要なポイントは、自分に合った転職サイトで仕事を探すことです。

私自身、これまで5社へ転職し、4回の転職活動を通じて数多くの転職サイトと転職エージェントを使ってきました。

これまでの転職活動で、合計50社以上の転職サイトと転職エージェントを利用してきたので、その中から実際に転職活動で役立った10社の「おすすめ転職サイト」と「転職エージェント」をご紹介します。

介護士転職サイトの「マイナビ介護職」は、実際に入職し働いている介護士の意見を聞きながら、転職が出来る転職サイトです。

職場の人間関係で悩んでいる人、もっと充実した働き方を考えている人は、まず登録だけしないともったいない転職エージェントです。

こちらの記事では介護士転職サイト「マイナビ介護職」についてご紹介していきます。

マイナビ介護職とは?

介護の仕事に就いていて、残業が多い、休みが取れないなどの理由から「職場を変えたい」と思う人も多いのではないでしょうか。

初めての転職で手段がわからない、転職活動に時間が取れない人におすすめなのが、介護職に特化した転職エージェント「マイナビ介護職」です。

マイナビ介護職は「マイナビ」のブランド力だけでなく、キャリアアドバイザーが各地の医療・介護機関に詳しいのが評判です。

職場の人間関係で悩んでいる人、もっと充実した働き方を考えている人は、まず登録だけしないともったいない転職エージェントです。

介護職の転職なら【マイナビ介護職】登録はこちら>>

ただし経験と資格のどちらもない人、地方に住んでいる人には、希望に合う求人がない可能性も。その場合は別の転職サイトを併用するなどしましょう。

『マイナビ介護職』の基本情報をおさえておきましょう

介護業界には、高齢化に伴う介護職のニーズや慢性的な人材不足、高い離職率など多くの課題があります。

そんな中「マイナビ介護職」は、2018年1月にサービスを開始。

介護職に携わる人が「安心して長く活躍できる職場」を探すパートナーとなるべく、転職支援を行っているのです。

マイナビ介護職の評判は?

マイナビ介護職で転職するなら『経験』または『資格』を武器にしよう

これからますますニーズが高まることは間違いない介護業界。

介護職の経験はないけれど、転職先として検討している人も多いかもしれません。

しかしマイナビ介護職は、まったくの未経験&資格なしの人より「経験や資格のある人」に向いている転職エージェントです。

マイナビ介護職の公式サイトにある求人検索では、「未経験者OK」という条件で絞ることも可能。

しかし筆者が絞り込み検索した結果、表示されたのは求人数全体の2割にも満たない件数でした。

そして「未経験OK」とされてはいるものの、応募資格を見るとほとんどが「経験者・資格保持者を優遇・歓迎します」という求人。

「資格が必要」と明記している求人も多く見られました。

未経験OKでも、次の資格を持っている人を優遇・必要とする求人が多かったです。

「マイナビ介護職」で未経験の転職に有利な資格

  • 介護福祉士
  • 介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)
  • 介護職員実務者研修(ホームヘルパー1級・介護職員基礎研修)

マイナビ介護職の強みは『大手』&『介護職専門アドバイザー』

冒頭でもお伝えしたように、「マイナビ介護職」は大手人材関連サービス「株式会社マイナビ」が運営する転職エージェント。

その強みは主に次の3つが挙げられます。

マイナビ介護職の評判やメリット

  • 大手マイナビグループの信頼性と求人の質の高さ
  • 福祉・介護職専任のアドバイザーによるサポート
  • 登録しないと見られない「非公開求人」がある

それぞれ具体的に見ていきましょう。

大手マイナビグループの信頼性と求人の質の高さ

大手マイナビグループならではの信頼感と『定着率』を重視した求人

マイナビグループには、40年以上の人材紹介実績があり、社会的な信頼性が評判です。

それによって、大手グループの一員であるマイナビ介護職にも、情報が集まりやすいのです。

またマイナビ介護職は「求人の質」にもこだわって、転職者が長く働ける職場の紹介を目指しています。

マイナビ介護職が特に重視しているのは、病院・施設などの「職員の定着率」。

れは働きやすさに直結する数字です。

定着率があまりに低い医療・介護機関は紹介しないことを原則としています。

定着率が低いということは、人がすぐに辞めてしまうということ。その職場に何らかの問題があると考えられますからね。

マイナビ介護職には『福祉・介護職専門のキャリアアドバイザー』が在籍

介護業務の内容は、職場によってさまざまです。

働く環境も、従業員や施設利用者の数などによって大きく異なりますよね。

転職希望者にベストな転職先を紹介するには、キャリアアドバイザーが職場の雰囲気や残業時間などの状況をよく知っている必要があります。

その点マイナビ介護職のキャリアアドバイザーは、各地の介護・医療機関に詳しい人物ばかり。全国に100名以上が在籍しています。

自分に合った転職先を紹介してもらうために、キャリアアドバイザーには希望の職場環境や働き方について、正直に話しておき、サポートを受けていくことができます。

マイナビ介護職には登録者だけが知り得る『非公開求人』が約40%

マイナビ介護職には、登録しないと見ることのできない「非公開求人」の占める割合が、求人全体の約40%あります。

利用登録すれば、転職先の選択肢が増える可能性も高いのです。

なぜ「非公開求人」が多いのかと言うと、1つは人気の求人に応募が殺到するのを避けるため。

もう1つは若干名の採用しかない応募や急募案件など、すぐに決まるような求人には登録者を優先して紹介するためです。

マイナビ介護職の評判やデメリット

  • 地域によって求人数の差が激しい
  • 「マイナビ介護職」は介護士専門の転職サイトなので、他の仕事は紹介できない
  • 介護士転職専門のコンサルタントと、相性が合わない時もある

マイナビ介護職の弱みは『地域によって求人数の差が激しい』

筆者が確認した時点で、「マイナビ介護職」の公式サイトには約10,000件の求人が掲載されていました。

しかし勤務先エリアで検索を絞り込んでみると、都道府県によって求人数にかなりの違いがあることがわかったのです。

「マイナビ介護職」は、介護士専門の転職サイトです

現場の情報など現場の声を日々収集しており、転職者が転職に失敗しないように転職後もしっかりと考えています。

日本全国に膨大な数の求人件数があり、東京都や大阪府など主要都市に偏っている傾向もありません。

都会でも地方でも、日本全国のどの地域に居住していようと、近場の求人情報を検索することが可能です。

「マイナビ介護職」に登録しておけば、介護士を募集しているほとんどの医療機関が探し出せると評判です。

しかしながら、介護士の仕事を探していない方には利用するメリットがありません。

「マイナビ介護職」は、介護士専門の転職サイトです。

介護士の仕事のことなら何でも対応できますが、それが以外の仕事の紹介はしていません。

介護士転職専門のコンサルタントと、相性が合わない時もある

「マイナビ介護職」では、経験豊富な介護士専門のコンサルタントが、求職者の転職活動を全力でサポートしてくれます。

求人票に掲載されている一般的な情報はもちろんのこと、職場の人間関係や離職率など聞きたくても聞けないそれぞれの病院の内部情報などを、しっかりと教えてくれると評判です。

そんな頼れるパートナーのコンサルタントですが、人と人の関係上、相性が合わない可能性もあります。

合わないケースで多いのが、転職するまでのスピード感です。

自分の転職希望時期などをしっかりと伝えて、転職スピードなどにズレのないようにしたほうがいいです。

ゆっくりと転職したい方、急いでいる方、それぞれが転職スタンスをきちんと伝えて共有することが大切です

「マイナビ介護職」の登録は無料?退会も出来る?

「マイナビ介護職」の登録は無料です。

利用する際の費用は一切かかりません。

また、「ほかで転職が決まった」「使ってみてサービスの質が合わなかった・・」という場合は、もちろん登録の解除も可能です。

また転職エージェントは23つ併用するのがおすすめです。

複数利用には、求人の幅が広がる、相性のいい担当者と出会う可能性が上がるなどのメリットがあります。

マイナビ介護職に登録して、長く働ける希望の職場を探そう

マイナビ介護職は、人手不足が深刻な介護業界で「長く安心して働ける環境」に出合うためのサポートを行っています。

紹介する求人は「職場の定着率」に注目し、単にその場の人材不足を解消するだけでなく、介護職に携わる人の働きやすさを大切にしていると評判です。

マイナビ介護職の強みは、大手ならではの安心・信頼感から情報が集まりやすいこと。

さらに介護業界に詳しいアドバイザーがサポートすることによって、医療・介護施設と求職者のマッチング精度も高くなります。

「マイナビ介護職」にはまったくの未経験で資格もない人向けの求人は少ないので、経験か資格、どちらかのある人の利用がおすすめです。

また求人の数にも地域によって大きな差があるので、首都圏や名古屋、大阪以外のエリアで探している人は別の転職サイトや転職エージェントの利用も検討してみてくださいね。

まとめ

「マイナビ介護職」は、自分ひとりで考え込まずに、コンサルタントと協力して、就職・転職活動を行っていく転職サイトといえます。

自分一人で就職・転職活動を行うとどうしても、不安や悩みなどが残ったまま就職してしまい、失敗しという経験もある方もいると思います。

コンサルタントに不安や悩みなどを打ち上げながら問題を解消しながら就職・転職活動ができると思いますので失敗することもないでしょう。

不安や悩みなどを打ち上げながら問題を解消しながら就職・転職活動ができることが転職サイトの強みです。

まずはサイトの比較から始め、転職活動に活かしてみては、いかがでしょうか。

介護職の転職なら【マイナビ介護職】登録はこちら>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました